世界のスターテニス選手 ロジャー・フェデラー

サーブ

ロジャー・フェデラーはスイス出身のテニス選手で2003年にウィンブルドンを制し、グランドスラム大会初優勝を点すると、翌2004年には世界ランキング1位となり、2006年には全仏オープンを初優勝しグランドスラム全大会制覇を成し遂げるだけでなく、グランドスラムにおける最多優勝、最多勝利数などの記録も多く持っており、史上最高のスタープレーヤーとの呼び声も高い選手の一人です。

なお、フェデラーを語る上で欠かせないのがライバルのナダルですが、2006年から2008年までのウィンブルドンと全仏オープンの決勝カードはすべてこの2人で、その試合内容も歴史に残るような名勝負が多く、ジョコビッチが登場するまで、テニス界はこの2人の時代がしばらく続いていました。

また、フェデラーのプレースタイルですが、ベースライン上でのフォア、バック、ネットプレー、サービス、レシーブどれをとっても高いレベルにあるオールラウンドプレーヤーです。中でも浅い位置からフォアのライジングショットは大きな武器で、テンポの速いショットは驚異的です。

2013年以降は怪我の影響もありグランドスラム優勝からも遠ざかり、世界ランキング10位落ちも経験するなど不調が続いていましたが、2017年には歴代最多8勝目となるウィンブルドン優勝を飾り、最終的には世界ランキング2位に返り咲くなど再び輝きを取り戻しています。

ブックメーカー テニス ウィナーズ【おすすめ】

世界的なテニススター ラファエル・ナダル

テニスラケット

スペインが誇るテニス界のスーパースターラファエル・ナダルは、1986年にスペインのバレアレス諸島州マナコルにて生まれ、少年時代はサッカー選手としても有望な存在でしたが、叔父がテニスのコーチを担当し、テニスの才能を発揮してきました。そして15歳でプロ入りすると3年後の2004年にはシングルスで初優勝し、アテネオリンピックにもダブルスで出場しました。

翌年の2005年には4大大会の一つである全仏オープンを制覇し、グランドスラム初優勝を飾っています。その後2006年から2008年に掛けて、この全仏オープンを優勝し、全仏4連覇を果たすとともに、全英オープンも準優勝と優勝という成績を残してきました。このことでクレーコートについては抜群の強さを発揮する世界的にもメジャーなテニスプレーヤーになり、2008年には世界ランキング1位となったのです。

ナダルのキャリアハイは2010年で、全仏、全英、全米と4大大会のうち3つの大会を制覇するという偉業をなしとげたのです、その後のナダルは、若手選手の台頭や怪我による休養などが続き、これほどの成績は出せていませんが、怪我から復帰した際には4大大会の1つで優勝するなどいまだ存在感を示しています。